Tradeview(トレードビュー)の評判!低スプレッドで海外FXを席巻中!?

2004年設立でニューヨークに本拠地を置く海外FXブローカーTradeview。

中堅ブローカーながら知名度でいうと新興ブローカーに少し押され気味ですが、海外FX中上級者の方からは根強い支持を受けています。
(実際に管理人もTradeviewの存在を知ったのはつい最近のことでした…)

そんな「知る人ぞ知るブローカー」のTradeviewについて、実際に管理人が取引してみた所感を交えながら徹底的にレビューしていきたいと思います。

結論からいうと、Tradeviewは次の5パターンの方におすすめできる海外FXブローカーでした。

 icon-hand-o-right Tradeviewがおすすめの人
  1. 低スプレッド志向の短期売買・スキャルピングトレーダー
  2. ECNタイプの口座を探している方
  3. MT4以外にもcTraderCurrenexプラットホームを使って見たい人
  4. 巨額(3万5000ドル)の資金補償のもとで安心して取引したい人
  5. 日本人向けのサポート体制を重視する方

Tradeviewの口座開設はこちらから

なぜこのような結論に至ったのか、Tradeviewのメリット・デメリットの順に解説していきます。

Tradeviewのメリット7つ

①海外FX屈指の低スプレッド0.0pips~!ECN口座の取引手数料も激安

Tradeviewのリアルタイムスプレッド

上記は日本時間で17時ごろのECN口座(※)リアルタイムスプレッド。
ドル円やユーロドル、ユーロポンドなどのメジャー通貨ペアで軒並み「スプレッド0.0pips」になっているのがわかります。

FX通貨の取引量が高いゴールデンタイム(深夜22時~翌2時)じゃなくても、これだけ低スプレッドで取引できるブローカ-は他にありません。

※ECN口座って何?

また取引手数料が他業者のECN口座より安く抑えられるのも特徴。管理人が知る限り、ECN口座の取引手数料は海外FX最安値です。

 業者名 取引手数料
Tradeview 0.5pips
(5ドル/10万通貨取引)
TitanFX 0.7pips
(5ドル/10万通貨取引)
Axiory 0.6pips
(6ドル/10万通貨取引)
LAND-FX 0.7pips
(5ドル/10万通貨取引)
XM 1.0pips
(10ドル/10万通貨取引)

上述の通りドルストレートの通貨ペアならスプレッドはほとんどかからないので、ほぼ取引手数料の0.5pipsだけで取引できることになります。

【Tradeviewの主要通貨ペアスプレッド・コスト一覧】

 通貨ペア
(メジャー通貨)
リアルタイムスプレッド
(日本時間17時ごろ)
スプレッド+手数料
(トータルコスト)
ドル円 0.0pips 0.5pips
ユーロ円 0.1pips 0.6pips
ポンド円 0.3pips 0.9pips
豪ドル円 0.3pips 0.8pips
ユーロドル 0.0pips 0.5pips
ポンドドル 0.0pips 0.5pips
豪ドル米ドル 0.0pips 0.5pips

今まで使ったことがあるどの口座よりも低コストで取引できる、という方が多いのではないでしょうか?
実際に管理人もTradeviewのスプレッドを拝見した時は目からウロコでした。

とくに短期売買メインのスキャルピングトレーダーは、1番ネックになる「取引コスト」を極限まで安く抑えることができます。

Tradeviewが超低スプレッドを提供できる理由

Tradeviewの口座開設はこちらから

②MT4以外にもcTrader、Currenexと使えるプラットホームが豊富

TradeviewではMT4、cTrader、Currenexのプラットホームが使える

Tradeviewは海外FXお馴染みのMT4に対応しているのはもちろん、他業者ではお目にかかれないようなプラットホームにも対応しています。

  • cTrader(Cトレーダー)
  • Currenex(バイキング)

とくにおすすめなのはcTrader。

cTraderはECN取引・裁量スキャルピングとの相性抜群です。

  cTraderの特徴
  • 板情報で「注文サイズごと」のスプレッドが見れる
  • 同時決済機能で複数ポジション処理のタイムラグなし
  • ポジションの一部決済・追加注文が簡単

(関連記事:海外FXのcTraderはECN取引の良き相棒!MT4との違いからメリットまで徹底解説

ただcTraderはMT4専用インジケーター、EAシステムには対応していません。

今使っているインジケーターやEAをそのまま移行して使いたい方はMT4口座を選択してください。

 【Tradeviewの口座選択画面】

Tradeviewの口座選択画面

③強靭なサーバーのもとで高速・安定した約定

実際にTradeviwで取引してみても、クリック注文とほぼ同時に約定するのに加えて、指値・逆指値などの予約注文でも気になるスリッページはほとんどありませんでした

上述した高性能プラットホームのワンクリック注文とあいまって、サクサクスキャルピングできます。

高速約定の秘訣は「サーバー」にあり!

④厳格なライセンス、最大3億円以上の信託保全アリで信頼性に疑う余地なし

ケイマン金融庁のライセンス

Tradeviewが登録しているのはケイマン諸島金融庁のライセンス(CIMA)。

はじめて見た時は「どうせ規制の緩いマイナーライセンスだろう…」と思いましたが、よく調べてみるとそこらへんのオフショアブローカーとはワケが違いました。

なんとケイマン諸島は銀行総資産1.5兆で、世界中の大手銀行の8割が支店を構える金融大国だったのです!

当然金融大国であるケイマンの金融活動を規制する金融庁の規制は厳しい部類に入るといえます。

その証拠にFATF(金融活動作業部会※)のランキングでは、ケイマン諸島はアメリカに次ぐ第5位です。

FTFAのランキング

※FATF(金融活動作業部会)とは:お金の不正な流れを取り締まる期間のこと。ランキングが上位の国ほど「不正な動きがない→規制が厳しい」と考えられる。

また規制の厳しいライセンスに登録しているだけあって、トレーダーの資金補償にも余念がありません。

トレーダーの資金はニューヨークのサンタンデール銀行で分別管理されていて、最大で約3億5000万円(3万5000ドル)までの信託保全まで用意しています。

⑤追証なしゼロカット採用で入金額以上の損失は防げる!

公式HPでは追証について言及されていませんが、今のところTradeviewで追証が発生した事例はありません。(2017年4月現在)

実際にサポートに問い合わせてみたところ「マイナス残高は自動で0に戻る」という回答をいただきました。

Tradeviewサポートとの追証に関する問い合わせ画面

絶対に入金した金額以上負けることはないので、安心してスキャルピングできます。

⑥4名の日本人サポートスタッフ在籍!24時間ライブチャットでやり取りできる

Tradeviewには4名の日本人スタッグが在籍している

Tradeviewの日本語サポート体制は盤石です。

サポートデスクは日本人スタッフ4名体制なので、24時間いつでも日本語で問い合わせることができます。

問い合わせ方法はメールまたはライブチャット

とくにライブチャットはレスポンスが速いのでおすすめです。

夜の時間帯は日本人スタッフが手薄なのか少し対応が遅れることもありますが、それでも24時間体制ならではの安心感があります。

 ライブチャットの接続方法

ライブチャットはTradeviewの日本語ホームページから接続できないので気をつけてください。

まず言語選択ボックスの中の「ENG(英語)」を選択してください。

Tradeviewの表示言語切替画面

マウスのカーソルを右端にあわせると「Live Chat」のマークが出てきます。

Tradeviewのライブチャットボタン

クリックすればライブチャットのエントリー画面に移動します。

「氏名」と「メールアドレス」を入力して「Submit」をクリックすれば、ライブチャット開始です。

Tradeviewのライブチャットエントリー画面

⑦mybitwalletでの出入金に対応!出入金が便利でオトクに【2017年10月追記】

以前までお世辞にも便利とはいえなかったTradeviewの出入金ですが、mybitwallet)対応で劇的に利便性が上がりました。

※Netellerと同じ電子決済サービス。完全日本語対応で「FX口座⇔mybitwallet」の送金は手数料無料で即座に反映される

  • mybitwallet経由でクレジットカード入金OK
  • mybitwallet経由で出金すれば、海外送金よりも手数料が約6,000円OFF

クレジットカードはVISAだけでなく、AMEXやDinersなど多くの種類に対応しているので、新たに海外FX用にカードを作る必要はありません。

また海外FXの出金で1番ネックだった「海外送金の手数料」が大幅にカットできるのもポイント。

「mybitwallet→銀行口座」に送金する際の手数料(824円)しかかからないので、mybitwalletに対応してない業者を使うより手数料が6,000円近くやすくなります。

Tradeviewの口座開設はこちらから

Tradeviewのデメリット・注意点2つ

①初回最低入金額が10万円~

海外FX屈指の低スプレッド・低コストで取引できるECN口座ですが、初回入金が高めなのが少しネックです。

はじめに10万円入金しないことには取引スタートできません。

上述したように信頼性は海外FXの中ではかなり高い方なので、管理人は抵抗なく10万円入金してECN口座で取引してみることに決心しました。

ただ数万円程度の資金しか用意できないトレーダーにとってはデメリットになってしまうでしょう。

【1万円~2万円で取引スタートできる低スプレッド業者一覧】

※業者名をタップ・クリックすれば管理人のレビューページに移動します。

 業者名 ドル円平均スプレッド 初回最低入金額
TitanFX 1.33pips 2万円~
Axiory 1.50pips 2万円~
LAND-FX 1.50pips 1万円~

②最大レバレッジ200倍でロスカット水準が100%。資金効率は少し物足りない

TradeviewのECN口座は最大でレバレッジが200倍まで。

しかも証拠金維持率100%を下回ると強制ロスカットなので「口座残高=必要証拠金」になるようにフルレバ200倍でエントリーすることもできません。

Tradeviewでフルレバ200倍でエントリーすると、エントリーした瞬間に強制ロスカットされる

すでに海外FXでレバレッジ200倍越えのハイレバスキャルピングに慣れている人にとっては物足りないでしょう。

だ上述した「初回最低入金額10万円」の壁をこえられる人にとってはそれほどネックにはなりません。

【ドル円(100円/ドル)で10万円入金して取引する場合を考える】

■Tradeviewで証拠金維持率150%でエントリー

建てられるポジションは約13万3000通貨(1.33lot)

■証拠金維持率200%でエントリー

建てられるポジションは10万通貨(1lot)

10万円以上の資金で取引を考えている大口トレーダーなら、Tradeviewの環境でも十分大きなポジションを持つことができます。

※Tradeviewの口座レバレッジの初期設定は100倍です。口座を開設した後にレバレッジ変更フォームから申請すればレバレッジ200倍で取引できるようになります。

TradeviewのECN口座は10万円出してでも使ってみる価値アリ

Tradeviewは大口のスキャルピングトレーダー向けに、海外FX他業者と一線を画す質の高い取引環境を提供しています。

「高めの初回入金額(10万円~)」と「資金効率が物足りない」のは”小口トレーダーお断り“の現れで、取引資金に余裕がある方ならネックになりません。

海外FX屈指の「低コスト×高速約定」を呈する取引環境のもと、最先端プラットホームcTraderでサクサク利幅を抜いていけます。

これだけ魅了あるスペックの口座のためなら、初回でドンと10万円入金するのも惜しくないでしょう。

最大3億5000万円相当の信託保全があるので、入金した金額は負けない限りちゃんと戻ってくることが約束されています。

管理人は現在TitanFXメインでスキャルピングしていますが、メイン口座を乗り換えを変えるかどうか考えているレベルです。

Tradeviewの口座開設はこちらから

Tradeviewの会社情報

正式名称 Tradeview Ltd
本社所在地 94 Solaris Avenue. Suite 1348 Camana Bay, Grand Cayman, KY1-1108, Cayman Islands
ライセンス CIMA/Cayman(No. 585163)
事業開始日 2004年
預託金の管理 サンタンデール銀行にて分別管理

日本語サポート詳細

問い合わせ方法 問い合わせ先 受付時間
メール japanesesupport@tvmarkets.com 24時間
ライブチャット 公式ページから 24時間
コールバック(※) メールで申請 24時間

ECN口座概要

最大レバレッジ 200倍
口座種類 Meta Trader 4、cTrader、Currenex
基本口座通貨 USD / EUR / GBP / JPY
取引手数料 5ドル/10万通貨(往復取引)
スプレッド ドル円0.0pips~
ボーナス なし
最少取引単位 1万通貨
最低入金額 $1000/100,000円
取引通貨数 通貨ペア:40種類
ロスカットレベル 証拠金維持率100%以下
マージンコール 証拠金維持率100%以下
追証 なし ゼロカットシステム対応
両建て あり

X Leverage(STP)口座概要

※日本居住者の方は口座開設できません。

最大レバレッジ 500倍
口座種類 Meta Trader 4
基本口座通貨 USD / EUR / GBP / JPY
取引手数料 無料
スプレッド ドル円平均1.8pips
ボーナス なし
最少取引単位 1000通貨(0.01lot)
最低入金額 $100/10,000円
取引通貨数 通貨ペア:40種類
ロスカットレベル 証拠金維持率100%以下
追証 なし ゼロカットシステム対応
両建て あり

入金・出金方法詳細

入金方法 手数料 着金スピード 備考
クレジットカード 無料 即日 入金は50万円/回
※mybitwallet経由
OK pay 無料 即日 入金は1,000万円/回
ecoPayz 無料 即日 入金は100万円/回
mybitwallet 無料 即座
ビットコイン 無料 即日
海外送金 6500円~ 1~2営業日
     

当サイト管理人オススメ海外FX業者はここ

⇒TitanFX
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円 スプレッド 追証
titanfx_logo 500倍 0.3pips~ なし (0カット)
  当サイト管理人がメインで使っている海外FX口座。最大レバレッジ500倍×最狭スプレッドでスキャルピング◎! 高約定力で追証なし、MT4対応!初心者~上級トレーダーにオススメできます。
TitanFXの口座開設はこちらから
TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法【画像付き】はこちら