2chで話題のmyfx marketsの評判!TitanFXやAXIORYと比較しながら追証やスプレッドについて徹底解説

MYFX Markets-logo

2chでステマをしている!?と噂されているMYFXmarkets。

2013年に創業と海外FX業者のなかでは比較的新しく、ニュージーランドのライセンスを持つ新興ブローカーです。

MYFXmarketsの大きな特長として挙げられるのが

  • ハイレバレッジ
  • 低スプレッド

この2点。反対にボーナスなどには注力しておらず、スキャルピングトレード向きの取引環境の整備に尽力している海外FX業者の1つだと言えます。

そこで、今回は同じくハイレバスキャルピング向きのTitanFXAxioryと比較して、MYFXmarketsの実力を徹底解剖していきます。

MYFXmarketsをTitanFX、AXIORYと全9項目で比較

スプレッドで比較

3社とも変動スプレッド方式なので平均スプレッドを比較します。

※口座タイプはすべて手数料なしのスタンダード口座という条件

業者名 MYFXmarkets TitanFX AXIORY
ドル円 1.60pips 1.33pips 1.30pips
ユーロ円 1.70pips 1.74pips 1.80pips
ポンド円 2.70pips 2.45pips 2.50pips
オージー円 1.30pips 2.12pips 1.90pips
ユーロ米ドル 1.10pips 1.20pips 1.50pips
ポンド米ドル 1.70pips 1.57pips 1.80pips
オージー米ドル 1.30pips 1.52pips 1.90pips

当サイトのスプレッドランキング上位2社のTitanFX、Axioryと比べても遜色ない低スプレッドを提供しているのがわかります。

MYFXmarketのスプレッド水準は「海外FXスキャルピング向き口座戦線」に十分割って入れるレベルだといっていいでしょう。

信頼性で比較する

業者名 MYFXmarkats TitanFX AXIORY
ライセンス  FSC(モーリシャス)(※) FSPR(ニュージーランド)  IFSC(ベリーズ)
信託保全  あり(全額)  なし  あり(入金額まで)
会社設立日  2013年  2013年  2013年

※MYFXmarketsは日本人向けサービスを継続するために「ASIC(オーストラリア)→FSPR(ニュージーランド)→FSC(モーリシャス)」と登録ライセンスを変更してきました。

TitanFXやAxioryと比べると、信頼性は一歩リードといったところでしょうか。

MYFXmarketsはオーストラリアで広いシェアを誇るFXブローカー「AxiTrader」の子会社で、モーリシャスでライセンス登録アリ。

また信託保全が「全額」なので、仮に業者が倒産してしまっても口座資金は全て補償されます。※トレーダーの口座資金は信託口座(trust account)で分別管理)

レバレッジ・通貨ペアで比較

業者名 MYFXmarkets TitanFX AXIORY
FX通貨ペア数
最大レバレッジ
25種類
400倍
63種類
500倍
37種類
400倍
CFD・株式銘柄数 6種類 14種類 8種類
貴金属銘柄数 3種類 6種類 2種類
合計銘柄数 34種類 79種類 47種類

レバレッジに関しては400倍でも500倍でも体感としてそこまで差はないので互角だと考えていいでしょう。

取扱商品の品揃えはTitanFXと比べて大きく劣っています。

ただ日経225(NIKKEI225)やダウ平均株価(DOW30)などのインデックスやWTI原油(WTI Crude Oil)などは取引できるので、最低限のCFD商品は用意されてる印象ですね。

注文方式で比較

※各業者のスタンダード口座の注文方式を比較しました。

業者名 MYFXmarkets TitanFX AXIORY
注文方式 NDD方式(STP方式) NDD方式(STP方式) NDD方式(STP方式)

注文方法は全くの互角です。

MYFXmarketsもNDD方式を採用しているので決済力、約定力には定評がアリ。透明性のある取引環境でスキャルピング制限などは一切ありません。

(関連:海外FXのNDD方式について

入出金で比較

業者名 MYFXmarkets TitanFX AXIORY
 クレジットカード  可※手数料あり  可(手数料なし)  可(手数料なし)
銀行送金 海外銀行送金のみ 国内・海外可 国内・海外可
NETELLER 非対応 対応⇨非対応(※) 対応⇨非対応(※)

※2016年9月いっぱいでTitanFX、AxioryもNeteller経由でFX口座に出入金できなくなりました。

MYFXmarketsの出入金方法はクレジットカードか海外銀行送金だけ。

海外銀行送金での入金の面では少しはユーザーへの配慮はありますが、全体的な出入金の環境はTitanFXやAXIORYに遅れをとっている印象です。

MYFXmarketsのクレジットカード出入金

MYFXmarketsはクレジットカード入金に手数料がかかるのがネック。

初回入金は手数料無料ですが、2回目以降の入金の際に入金額の3.2%の手数料がかかってしまいます。

TitanFXやAxioryが手数料完全無料なことを考えると、少し使いづらいと言わざるをえません。

MYFXmarketsの銀行送金

国内銀行送金に対応してないので、全て海外銀行送金になります。

海外銀行送金は国内銀行送金と比べて「手数料が高い」「反映までに時間がかかる」のが特徴です。(関連:海外FXの入金方法についてどこのサイトよりも詳しく解説する

ただMYFXmarketsは入金する際の手数料を全額負担してくれます。

手数料をタダにしたい方は入金後に領収書を添付してサポートへメールを送ってください。口座には入金予定額に手数料分が上乗せされた金額が反映されます。

追証・ロスカットで比較

業者名 MYFXmarkets TitanFX AXIORY
 ロスカット 証拠金維持率の20%以下 証拠金維持率の20%以下 証拠金維持率の20%以下
追証 なし※ なし なし

MYFXmarketsはAXIORYと並んでロスカット水準がとても緩く設定されてますね。

ハイレバでエントリーしても証拠金維持率に余裕をもってポジションを建てることはできます。

追証に関してはTitanFXやAxioryのように「自動でゼロカット」とまではいきませんが、サポートに連絡すれば口座残高のマイナス分を帳消しにしてくれます。

実質追証なしなので、どれだけ取引で失敗しても入金額以上負けることはありません。(参考:海外FXの追証なし・0カットシステムは神のサービス

MYFXmarketsの追証請求について詳しくみる

ボーナスで比較

MYFXmarketsにはボーナスがありません。

TitanFXやAxioryと同じく派手なキャンペーンよりも、スプレッドや約定力などのサービス水準向上に専念しているブローカーです。

日本語対応で比較

業者名 MYFXmarkets TitanFX AXIORY
 公式サイト 日本語非対応 完全日本語対応 完全日本語対応
取引システム 日本語対応 日本語対応 日本語対応

残念ながらMYFXmarketsの公式サイトはLANDFXやAXIORYのように日本語に対応してません。

ただ取引システムにはMT4が導入されているため他の業者同様日本語に切り替えて利用できます。

サポートで比較

業者名 MYFXmarkets TitanFX AXIORY
日本人スタッフ 在籍 在籍 在籍
サポート内容 メール・ライブチャット メール・電話・ライブチャット メール・電話・ライブチャット
サポートセンター営業時間 平日 午前8時~午後17時(日本時間) 平日 午前7時~ 午後4時(日本時間) 平日 午前10時~午後11時 (日本時間)

サポートに関しては電話ができないのが少し不便なぐらいで、メールやライブチャットの問い合わせにはしっかり対応してくれます。日本人スタッフも複数在籍。

ただレスポンスはそこまで早くなくて、長い時で2営業日ほどかかることもあります。

サポート体制はTitanFX,Axioryにわずかに劣る程度でしょう。

結局MYFXmarketsってどうなの??【比較結果まとめ】

まずは全9項目の比較結果をおさらいしましょう。

  • スプレッドはホントに狭い!TitanFXやAxioryとも遜色なし。
  • 新興ブローカーながら信頼性は心配なし。
  • 取扱通貨ペア・銘柄も少ない。最低限だけ取り揃えている印象
  • 注文はNDD方式採用で約定力はTitanFXやAxioryと高水準
  • 入出金は手数料が痛い。TitanFXやAxioryの方がストレスフリー。
  • ロスカット水準は緩め。サポートに連絡で追証なしにできる
  • ボーナスなし
  • 公式サイトは日本語未対応。取引ツールは日本語OK。
  • サポート体制は可もなく不可もなく

タイトなスプレッドや信頼性、約定力ではTitanFXやAxioryと十分渡り合えていますが、入出金や日本語サポートなどで物足りない部分があります。

メインでスキャルピングするなら、日本人をかなり意識してサービスを展開しているTitanFXやAxioryのほうがいいでしょう。特に海外FX経験が浅い方ならさおさらです。

しかし「低スプレッド×高約定力」とハイレバスキャルピング環境としては申し分ないので、経験豊富な方ならサブ口座として開設するのがおすすめです。

管理人ももっぱらサブ運用で、MYFXmarketsが有利なスプレッドを提示しているタイミング・通貨ペアでピンポイントスキャするようにしています。

MYFXmarketsの口座開設はこちらから

この記事で紹介した海外FXブローカー

     

当サイト管理人オススメ海外FX業者はここ

⇒TitanFX
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円 スプレッド 追証
titanfx_logo 500倍 0.3pips~ なし (0カット)
  当サイト管理人がメインで使っている海外FX口座。最大レバレッジ500倍×最狭スプレッドでスキャルピング◎! 高約定力で追証なし、MT4対応!初心者~上級トレーダーにオススメできます。
TitanFXの口座開設はこちらから
TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法【画像付き】はこちら