海外FX口座の出金方法は入金方法によって異なる。出金手数料は無料

海外FXの出金方法は「どうやって海外FX口座に入金したか」で異なります。

特に複雑になるというわけではありませんが、原則「入金方法=出金方法」でないと申請を受け付けてもらえません。

すでに入金を済ませてしまった方は、もう自分で出金する方法を選べないというわけです。それぞれ入金方法ごとに出金方法を確認してください。

まだ入金してない方は、出金方法から入金方法を選ぶのもアリです。入金も出金も便利にできる方がいいですからね。

海外FXの出金方法についてどこよりも詳しく解説していくので参考にしてください。

海外FXの出金方法を入金方法ごとに紹介

  • クレジットカード
  • 銀行送金(国内・海外)
  • 電子決済会社経由※

海外FX口座への入金方法で紹介している入金方法について、それぞれ出金方法を紹介します。

※2016年9月いっぱいでNeteller、Skrill経由でFX口座に入金できなくなりました。もちろん今後NetellerやSkrill口座に出金することもできません。

クレジットカードで入金した場合の出金の流れ

creditcard

クレジットカードで海外FX口座に入金した場合は、出金額に応じて入金額がキャンセル扱いとなり、返金されます。

ショッピング枠での決済となっていますので、ショッピングがキャンセルされ、口座に返金されるということです。

カード入金額よりもカード出金額が多かった場合、差額は指定の銀行に振り込まれます。

例1 クレジットカードで口座に10万円入金して10万円出金した場合

クレジットカードで入金した金額10万円がそのままキャンセルされるので、クレジットカードの明細では、+-ゼロ、というカタチになります。

例2 クレジットカードで口座に10万円入金して利益が10万円、計20万円出金した場合

元手(10万円)をカードで入金して、FX取引によって利益が10万円、計20万円を出金するパターンです。

この場合は、カード入金額の10万円がキャンセル扱いになり、残りの10万円は海外送金で指定の口座に振り込まれるカタチとなります。

例3 クレジットカードで口座に10万円入金して、5万円だけ出金した場合

5万円はカードのキャンセル扱いになり、残りの5万円はカード会社から請求される形になります。

 【補足】クレジットカードの引き落としが完了している場合はどうなる?

すでにクレジットカードの入金額分の引き落としが終わっている場合、出金のキャンセル分が翌月に持ち越し。クレジットカード会社から引き落とし先の口座に出金額が入金されます。

国内・海外銀行送金で入金した場合の出金の流れ

bank

国内外問わず、銀行送金で入金した場合は、同じく銀行送金で指定の銀行口座に出金分を振り込んでもらえます。

多くの海外FX業者ではマネーロンダリング防止のため入金された資金は利益分を含めて、同一名義、同一銀行への出金のみしか受け付けない業者がほとんどです。

業者にもよりますが銀行送金の場合、出金依頼から着金までに1営業日~5営業日かかります。

海外送金の出金手数料

海外送金の出金ルートは以下の通り。

 icon-hand-o-right 海外送金の出金ルート

海外FXの取引口座→海外の銀行(中継銀行)→トレーダーの国内口座

計2回のお金の移動で、それぞれ手数料が発生することになります。

  1. 「海外FX口座→海外の銀行」:2500円程度
  2. 「海外の銀行→トレーダーの国内口座」:4000円程度

②の手数料(国内銀行での受取手数料)はどのブローカーで取引しても必ず払わないといけませんが、①の手数料(送金手数料)ならブローカーが負担してくれるところもあります。

海外送金の出金手数料を抑えたい方は、この3つのブローカーの中から口座開設するのがオススメです。

電子決済会社経由で入金した場合の出金の流れ(Neteller,Paypalなど)

neteller-paypal

【追記】2016年9月いっぱいでNeteller、Skrillが利用停止

現在、電子決済会社の中でNetellerとSkrillは利用できない状態です。かなり便利な出入金方法だっただけに、

Paypalなら継続して利用できますが、対応ブローカーは管理人が知るかぎりFXDDというブローカーのみ。(FXDDの辛口レビューでも説明していますが、FXDDはスペックが高いブローカーとは言えません。)

XMなど電子決済サービスの利用を完全に停止しているブローカーもあるので、電子決済には頼らずに他の出金方法を検討した方がよさそうです。

銀行送金と同様マネーロンダリング防止のため、原則としてNetellerやPaypalで入金した場合は、出金もNeteller、Paypalを利用することになります。

電子決済会社の利点としては、出金手続きから口座へ反映されるまでのスピードが早いことです。早い業者で2時間程でNetellerやPaypalに入金されます。

受け取り側の手数料もかからないのでコストも抑えることができますね。

海外FXの出金方法は海外送金がメインになる?

以前まではNetellerなどの電子決済会社を経由して出入金するのが主流でした。

電子決済会社経由なら、クレジットカードのように「入金額まで」という制限はない上、手数料無料でスピーディーに出金できますからね。

しかし上でも注意書きしているように、今となっては電子決済会社の大手NetellerとSkrillが利用できなくなってしまいました。

そうなってくると、海外FXの出金方法は今後海外送金がメインになります。

国内銀行送金で入金した場合は問答無用で海外送金、クレジットカードで入金した場合も入金額以上の出金なら自動的に海外送金です。

今後新しく海外FX口座を開設する方は、ブローカーの「海外送金の出金手数料」も気にかけるようにしましょう。

XMAxioryFxProなら他のブローカーより出金手数料を抑えることができます。

     

当サイト管理人オススメ海外FX業者はここ

⇒LANDFX
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円 スプレッド 追証
landfx_logoside 500倍 0.3pips~ なし (0カット)
  当サイト管理人がメインで使っている海外FX口座。最大レバレッジ500倍×最狭スプレッドでスキャルピング◎! 高約定力で追証なし、MT4対応!初心者~上級トレーダーにオススメできます。
LAND-FXの口座開設はこちらから
LAND-FX(ランドFX)の口座開設方法【画像付き】はこちら