海外FXの詐欺の手法・手口から考える、悪徳ブローカーに騙されない方法

近年増加傾向にある海外FXがらみの詐欺被害件数。

国民生活センターのデータからも、海外FXで詐欺にあった方が年を追うごとに増えているのがわかります。

海外FX被害相談件数の推移

(引用元:独立行政法人 国民生活センター

詐欺が多いとはいえ、25倍を超えるレバレッジで取引するためには海外FXを利用するしかありません。

「海外FXで取引したいけど詐欺にはあいたくない」という方のために、現在はびこる海外FXの詐欺の手法・手口を紹介し、そこから詐欺を回避するためのポイントを紐解いていきます。

代表的な海外FX詐欺の手法・手口

代表的な海外FX詐欺の手口は以下の2つになります。

  1. ボーナスで集金→出金拒否
  2. ボーナスで集金→倒産で資金持ち逃げ

それぞれ具体的な詐欺の流れを見ていきましょう。

パターン①ボーナスで集金→出金拒否

「ボーナスで集金→出金拒否」詐欺

海外FX詐欺の手口で最も多いのは、豪華なボーナスでトレーダーからの入金を促して出金させてくれないパターンです。

ボーナスを用意している海外FX業者で取引すれば、自分が用意できる資金以上の証拠金で取引することができます。特に取引に少額しか用意できない方にとって、ボーナスはとても魅力的です。

そこに付け込むのが悪徳海外FX業者。「入金ボーナス○○%!」のようなプロモーションで顧客の入金を促し、利益が出たタイミングで出金拒否して取引資金を奪います。

出金拒否されてしまったら最後、顧客はどうすることもできません。投資などの金融トラブルの相談に乗ってくれる金融庁も、管轄外の海外FXの前では無力です。

パターン②ボーナスで集金→倒産で資金持ち逃げ

「ボーナスで集金→倒産・資金持ち逃げ」詐欺

次に多いのはある程度顧客資金が集まった段階で倒産を装い、顧客資金を持ち逃げするパターンです。

お金の集め方はパターン①と同様に豪華なボーナスでトレーダーから資金を集めるケースが多くなってます。

海外FXでは、倒産してしまった場合の顧客資金補償である信託保全が義務化されていません。「信託保全が任意」ということに付け込んで「倒産したからお金は払えません」というスタンスで顧客資金を根こそぎ奪う性根の腐った手口です。

海外FXの詐欺はFXのセミナー屋が片棒を担ぐことも?!

海外FXの詐欺にFXセミナー屋が携わっている例

海外FXの詐欺には国内FXのセミナー屋が加担しているケースも見受けられます。このケースで顧客を集めるエサになるものが自動売買システム(EA)です。

EAとは一定の取引手法が埋め込まれたシステムのようなもので、動かし続けておけばシステムに従って勝手に取引してくれる優れもの。優秀なEAであれば稼働させておくだけで勝手に利益をあげてくれます。

FXのセミナー屋とは、FX取引で稼げる手法や、必勝法と銘打ってセミナーを開く人たちのこと。もちろん全うにやっている人もいるでしょうが、中には詐欺まがいのセミナーも紛れ込んでいます。

EAをエサにFXのセミナー屋と海外FXが連携して行う詐欺の手口は以下の通りです。

EAの販売を利用した詐欺の手口(図解)

  1. FXのセミナー屋が顧客に対して「稼げるEA」を宣伝する
  2. EAを購入した顧客に特定の海外FX口座の解説を促す
  3. 海外FX業者は利益が出ても出金を拒否する

まずセミナー屋が顧客に対して自動売買(EA)を宣伝します。宣伝の内容は「このEAを使えば1年間で必ず○○%の利益が出ます!」というもの。宣伝に食いついた顧客に対して数万円の価格でEAを購入させます。

次に「このEAは国内FX業者では使えません。海外FXに口座を開設する必要があります。」などと言って、特定の海外FX業者に口座を開設させて入金を促します。EAを購入してしまった手前、顧客は言われたとおりにするしかありません。指定された海外FX口座に入金してEAを稼働させます。

EAのパフォーマンスは利益が出るものもあれば、損をするものもあります。

詐欺にあった顧客の中には実際に利益をあげているので、「儲け話は本当だった」と思って、追加で多額の入金をしてしまった方もいるようです。

しかし、利益が出たタイミングで出金の手続きをしても海外FX業者は取り合ってれません。

  • 取引がすべて終了できないと出金できない
  • ポジション保有中のため出金できない

このような理由を並べて、業者は出金を拒み続けます。

最終的にはセミナー屋・海外業者ともに連絡がつかない状態になってしまい、EAを購入した顧客は資金が返って来ずに泣き寝入りです。

EAを販売したセミナー屋と出金拒否した海外FX業者の関係性は明らかになっていませんが、両者が連携して詐欺を企んだと考えるのが自然でしょう。

(参考:国民生活センター「自動売買ソフトを購入させ、海外FX取引に誘う手口

海外FXで詐欺に合わないためのポイント4つ

海外FXで詐欺に合わないために、我々はどのような点に注意をすればいいのでしょうか。

①ボーナスが豪華な業者は取得ライセンスと運営歴に注意

ボーナスが豪華な業者はライセンスや運営歴に注目

勘違いをしていただきたくないのですが、決して「ボーナスが豪華=詐欺業者」というわけではありません。本来ボーナスは海外FX業者の顧客に対するサービスであり、海外FXで取引するメリットの1つ。

ボーナスがたくさんもらえる海外FXブローカーで一番に気をつけなければいけないのが、業者のライセンスと運営歴です。

たとえ派手な「入金額の100%」ボーナスがある海外FX業者でも、金融ライセンスを取得しているところなら出金詐欺の被害にあうことはありません。(※2016年5月現在)

ライセンスによって信頼性は異なりますが、より万全を期すなら英国ライセンス(FCA)に登録している業者を選択しましょう。

FCAライセンスの特徴は以下の通りです。

  • 厳格な資金管理を規定
  • 出金拒否に関しては「疑わしき」さえ認めない
  • 良好な経営状況の業者しか登録できない

ライセンス登録やライセンス維持は金融ライセンスの中で最高難易度といっても過言ではありません。

当サイトで紹介している海外FXブローカーの中ではXMがFCAライセンスに登録しています。XMは100%の入金ボーナスを用意しているブローカーですが、今まで出金詐欺の報告は1度もありません。

→XMの管理人レビューはこちら

またボーナスが豪華な海外FX業者は、業者の運営歴も重要なチェックポイントです。ポッと出のブローカーでボーナスが豪華ところは、倒産して資金を持ち逃げされてしまう可能性がないとは言えません。

運営歴で言うと、iFOREXは創業1997年の老舗ブローカーです。iFOREXにも100%の入金ボーナスがありますが実績からいって安心できるブローカーと言えるでしょう。

②資金の持ち逃げが不安なら信託保全に注意

信託保全がある業者なら資金持ち逃げの心配なし

「信託保全が任意」の海外FXでも、業者によっては顧客資金の補償を約束しているところもあります。

当サイトで紹介している業者の中で、信託保全がある海外FXブローカーは以下の4業者です。

  • XM:最大2万ユーロ補償(約200万円相当)
  • iFOREX:最大2万ユーロ補償(約200万円相当)
  • TitanFX:口座残高全額補償
  • Axiory:入金額まで補償

「倒産→資金持ち逃げ」の詐欺にあわないために万全を期するなら、信託保全が用意されているブローカで口座を開設しましょう。

③海外の金融機関の警告に注意

外国金融機関の警告を受けたブローカーに注意

外国の金融機関で金融ライセンスを取得している海外FXに関しては、日本の金融庁の警告はあてになりません。日本の金融庁に登録していない海外FX業者は一括りで「無登録業者扱い」になってしまうからです。

そこで海外FXブローカーの詐欺に関する情報は海外の金融機関の警告を参考にしましょう。海外の金融ライセンスを取り扱っている金融機関は、詐欺の疑いがあるブローカーに対して警告を出すことがあります。

例えばキプロスのライセンス期間CySecは、2015年に「MXtrade」というベリーズのブローカーに対して警告分を発しています。

海外の金融機関から警告を受けているブローカーでは口座開設しない方が無難でしょう。

④FXセミナーに注意!

FXセミナーを通じた「おいしい話」に注意

FXセミナーを行っている人には注意が必要です。

わざわざ、コストと時間を割いてセミナーを行う動機のほとんどが《金儲け》です。セミナーに来た人から、なんらかのカタチでお金を儲ける仕組みを考えているわけですね。

そもそもの話ですが、FX取引でトレーダーとして、利益をあげれる人はお金のためにセミナーなんか行いません。そんなことをしなくても自分で稼げるからです。

特にセミナーで《EA》というキーワードが出てきた時には、疑うようにしましょう。一流のトレーダーは、自分のノウハウやEAをばらまくこともしません。広がってしまうと、自分が稼げなくなりますからね。

また、海外FX口座を開設してください、と言われた際には、その場で口座開設せず、一度持ち帰って、その海外FX業者の情報について調べるようにしましょう。

検索しても全く情報が載ってなかった場合、口座開設するのはおすすめしません。

海外FX詐欺に合わないためには正しい業者選びと「おいしい話」にご用心!

ハイレバレッジが魅力の海外FXですが、優良業者に紛れて顧客資金を狙った悪徳詐欺業者が存在するのは事実です。最近では海外FXの詐欺に国内FX業者が絡むなど、詐欺の手口も複雑化しています。

しかし海外FXに詐欺業者が多いという理由で、低レバレッジの国内FXの取引に甘んじるのはナンセンスです。

  • ライセンス
  • 運営歴
  • 信託保全

少なくともこの3つに注意して業者を選択すれば、詐欺被害を未然に防ぐことができます。わざわざ海外FXから身を引く必要はありません。

また「このEAを使えば必ず勝てます!」のようなおいしい話には絶対にのらないでください。国内FX・海外FX問わずEAは詐欺業者が用意するエサになる可能性が高くなっています。

海外FXで詐欺にあわないために自分の身は自分で守りましょう。

PS.当サイトに掲載されていない海外FX業者の情報が知りたい、という方はお問い合わせよりご連絡ください。管理人があなたに代わってお調べします。

     

当サイト管理人オススメ海外FX業者はここ

⇒LANDFX
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円 スプレッド 追証
landfx_logoside 500倍 0.3pips~ なし (0カット)
  当サイト管理人がメインで使っている海外FX口座。最大レバレッジ500倍×最狭スプレッドでスキャルピング◎! 高約定力で追証なし、MT4対応!初心者~上級トレーダーにオススメできます。
LAND-FXの口座開設はこちらから
LAND-FX(ランドFX)の口座開設方法【画像付き】はこちら