OTC(DD)方式と、NDD方式はこんなにも違う【FXの注文方式】

FX取引の注文方法(顧客のオーダーを処理する方法)には大きく分けて2つあります。

  • OTC方式(ディーリングディスクで人手を介する)
  • NDD方式(ディーリングディスクで人手を挟まない)

の2種類です。

OTC方式

otc

OTC方式とは<Over The Counter>の略で、別名DD方式・相対取引とも呼ばれる方式です。

OTCでは投資家のオーダーを注文先に通す前に、FX業者がいったん決済します。これがFX業者の【呑み】といいます。

顧客の注文を呑んでいるので顧客が利益を出すと、FX業者側は損をします。反対に顧客が損をするとFX業者は利益を得ることになります。

つまり、OTC方式は『顧客とFX業者の利益関係は相反している』ということです。

1分でわかるOTC方式の仕組み

horse
あなたが友人のAさんに指定の競馬券を買ってきて!と頼んだとします。Aさんには代わりに買ってきてもらう手間賃として1,000円あげました。ところがAさんは、あなたが指定の競馬券が当たらないと確信しています。Aさんからすれば当たらない競馬券を買うよりも、預かった競馬代金をそのままポケットに収めるほうが得ですよね。もし、あなたの指定した競馬券が外れたら、Aさんは手間賃1,000円と競馬購入代金を両方ともゲットできるわけです。

しかし、指定した競馬券が当たれば、その代金は支払わなければいけません。きっとAさんはあなたが指定した馬に対して『外れろー!外れろー!』と念を送ることでしょう。

そう、この瞬間からあなたとAさんの利益関係は相反しているのです。

これがFX取引におけるOTC方式です。(手間賃1,000円はFXの世界では取引手数料やスプレッドと同じ意味です。)

もちろん、顧客が勝ち続けると、OTC方式を採用しているFX業者は倒産してしまいます。

そこで各業者では、ディーリングディスクにプロの凄腕ディーラーを配置してしています。この凄腕ディーラーは利益を出すことが目的です。

ですのでディーラーの裁量で、提示する価格を決定したり、投資家同士の注文をぶつけあって相殺したり、カバー先の銀行や他のFX業者に注文を流したりして利益を出そうとします。

OTC方式を取り入れている業者は【いかに顧客に負けてもらうか】を考えるので、ストップ狩りや約定拒否などが起こりうるのです。

 OTC方式を採用しているFX業者

  • 日本国内のほぼ全てのFX業者
  • 固定スプレッド制の海外FX業者

日本国内のFX業者はほとんど全てディーリングディスクにディーラーを介するOTC方式です。

【国内FX業者がなぜ世界最高レベルのスプレッドを提供できるのか?】

これは、スプレッド以外にディーリングディスクにキャッシュポイントを持っているからに他なりません。

個人投資家の8割は負けるとされています。なんとも皮肉な話ですが、OTC方式の業者は顧客の負け分によって多大な利益をあげているんですね。

NDD方式

ndd

NDD方式は<ノーディーリングディスク>の略で、間にディーラーや人を介さないオーダーの注文方法です。

投資家のオーダーは全てインターバンク直結でカバー先に流され決済されます。

NDDはOTCのように人手を介さないので、恣意性がなくフェアな注文方法であるとして、海外FX業者ではスタンダードです。

NDD方式を採用しているFX業者はどこで利益を出している?

完全に顧客から徴収する手数料(スプレッド)のみです。投資家が取引すればするほど、手数料(スプレッド)が入ってくるのでFX業者も儲かります。

もちろん投資家は負けてしまうと取引してくれなくなり、勝てば勝つほど取引してくれます。ですのでFX業者とトレーダーの間に利益相反は起こりません

上記の競馬の例えでいうと、手間賃のみで商売をしているのがNDD業者です。

NDD方式を採用しているFX業者

  •  LAND-FX
  • XM
  • AXIORY
  • Traders Trust
  • FxPro

NDD方式を採用している海外FX業者ランキングへ

これら当サイトで紹介している海外FX業者の全てでNDD方式を採用しています。

そもそも海外の投資家はスプレッドよりも何よりも注文方式を重要視します。海外FXブローカーとして活躍するには、NDD方式を取り入れることは必須。

ですので、海外FXではフェアで透明性が高いNDD方式が常識となっています。

結局OTC方式とNDD方式ってどっちが良いの?

管理人は、俄然NDD方式をオススメします。

結局、OTC方式を採用している業者はいくらキレイごとを言っても【トレーダーに負けて欲しい】のですから….。

数十万円単位での勝ちでは目をつむるでしょうが、それが数百万円の利益となれば、FX業者はあらゆる手段を使ってトレーダーを負けさせようとしてきます。

一時期国内FXで話題になった、ストップ狩り・不利約定などは全てOTC方式の業者です。(現在ではかなりマシになりましたが)

海外FX業者でOTC方式を取り入れている業者には、誠実さのカケラすらない業者の可能性がありますのでさらに注意が必要です。

国内FXではスキャルピングで儲け過ぎると口座を凍結される

国内FX業者でスキャルピングトレードをしまくっていたら、口座が凍結された・・・

こんな噂を聞いたことはないでしょうか。

これは現実に起こった話です。

口座凍結されたトレーダーは1日に1000回以上スキャルピングトレードを行い、月に数千万円の利益をあげていました。

あまりにも高速で取引を行うと、ディーラーのカバーが間に合わずFX業者側は損失を被ってしまいます。ですので損失を出し続けているトレーダーは例え何万回とスキャルピングトレードを行っても口座凍結にはなりませんが、スキャルピングで利益を出している投資家は口座が凍結される危険性があります。

これは自動売買でも同じことで、OTC方式を採用しているFX業者はプログラムの処理スピードについていけないので自動売買を禁止している会社がほとんどです。(GMOクリック証券・DMM・外為オンラインetc…)

それに比べてNDD方式の業者では、スキャルピング大歓迎、自動売買大歓迎です。

トレーダーに取引してもらえばしてもらうだけ利益がでる仕組みですからね。

国内ではあまり重要視されていない注文方式。最近ではようやく国内でも【セントラル短資FX】や【FXCMジャパン】などNDDを採用する業者もポツポツ増えてきました。

今後、もっとこの流れは強くなっていくでしょう。

     

当サイト管理人オススメ海外FX業者はここ

⇒LANDFX
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円 スプレッド 追証
landfx_logoside 500倍 0.3pips~ なし (0カット)
  当サイト管理人がメインで使っている海外FX口座。最大レバレッジ500倍×最狭スプレッドでスキャルピング◎! 高約定力で追証なし、MT4対応!初心者~上級トレーダーにオススメできます。
LAND-FXの口座開設はこちらから
LAND-FX(ランドFX)の口座開設方法【画像付き】はこちら