これが無料?!MT4のおすすめインジケーターまとめ!ダウンロード・追加方法まで解説しています。

MT4の無料おすすめインジケーターを紹介します
「勝率の高い取引」をサポートしてくれるのがMT4のインジケーター。

海外FXはMT4プラットホームを使えるので、インジケーターの数や種類には事欠きませんね。

MT4にはデフォルトで多くのインジケーターが取り揃えられているので、もうすでにインジケーターを利用して取引している方もいらっしゃるでしょう。

しかし、このページにたどり着いたということは心のどこかで感じているはずです。

「デフォルトのインジケーターでは物足りないな…」と。

そんな方のために、ここではMT4に新しく追加することができるおすすめインジケーターを紹介します。

しかもピックアップしたインジケーターは全て正真正銘の完全無料です。

よくある「メルマガに登録しないといけない」や「他にEAなどを購入しないともらえない」ような、まがい物の無料インジケーターではありません。

完全に無料で簡単にダウンロードできるEAの中から、管理人が実際に使ってみて「これは使える!」と思えたものをピックアップしています。

またダウンロードやMT4への追加方法まで解説しているので、インジケーター選びから実際に使うまでサポート体制は万全です。

今回は「無料」のインジケーターをピックアップ!その真意とは?

最初に「なぜ無料のインジケーターを取り上げたのか」について説明しておきます。

MT4のインジケーターには無料のものもあれば、有料なものもありますからね。「できれば実際に買わないと試せない『有料』のインジケーターのおすすめが知りたい!」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、そもそも海外FXの取引で有料のインジケーターが必要になってくることはほとんどありません。無料のインジケーターだけでも選び方次第では十分機能します。

もちろん有料だからこそ高いパフォーマンスを発揮してくれるインジケーターがあるのも事実ですが、手を出すのは無料インジケーターを使ってみてからでも遅くありません

無料版を使ってみて物足りなく感じた場合に、似た系統の有料版を探してみるというスタンスがいいでしょう。

ひとまず「インジケーターにお金を出す必要はなく、無料でも十分」ということは覚えておいてください。

値動きの予測に使える無料インジケーター厳選4つ

まずチャート分析や値動き予測に役立つ無料インジケータを紹介します。

数あるインジケーターの中から「本物のインジケーター」を4つ厳選したので、びびっと来るものがあればぜひ試してみてください。

※各インジケーターの説明は、MT4にデフォルトで備わっているインジケーターの知識を前提としています。
インジケーター自体が初めての方はまずデフォルトで備わっている代表的なインジケーターを確認しておきましょう。→FXで勝つために欠かせないMT4のインジケーターとは?見方・使い方を徹底解説!

①TD Sequential(TDシーケンシャル)~相場の転換点を教えてくれる

管理人自身も一番使っているのがこのインジケーター。TDシーケンシャルはトレンドの転換や反転のタイミングを教えてくれます。

以下がTDシーケンシャルを実際に起動させた時のチャート画面です。

TDシーケンシャルチャート画面

ローソク足の下に1から13の数字が記されているのがわかりますね。この数字が相場を紐解くヒントになります。

注目すべきは「9」と「13」の2つの数字。それぞれ次のような相場の動きになる可能性が高いことを示しています。

  • 「9」:相場が少し反発・反落する可能性が高い
  • 「13」:トレンドが転換する可能性が高い

気になるのは「どれだけの確率で予想が的中するか」ですが、先ほどのチャートで数字と相場が連動しているポイントに赤丸、外れている部分に青丸をつけてみました。

TDシーケンシャルの的中確率

(クリックで拡大します)

的中5回、不的中3回という結果になりました。もちろん取引している時間帯や表示させている時間足で異なる場合がありますが、的中率は大体60%くらいだと考えてください。

とはいえ、なんの手がかりなしにエントリーするよりも取引がはかどることは間違いありません。「9」と「13」2つの数字を覚えておけばいいだけなので、誰でも簡単に使いこなすことができるでしょう。

「いつ相場が反転するのか」を教えてくれるので、主に逆張りエントリーする際に役立ちます。

TDセクエンシャルのダウンロードはこちらから

②ピボット(Pivots Daily)~レジスタンス・サポートライン、ブレイクポイントがわかる

ピボットは前日の値動きから次の日の値動きを予想するインジケーターです。

まずはチャート画面からみていきましょう。

ピボットのチャート画面

チャートの中に赤3本、緑1本、青3本の計7本の線が引かれているのがわかりますね。

  • R(赤色の線):レジスタンスライン→上昇した価格が反落する
  • pivot(緑色の線):ピボットライン→通過した後にレンジを抜ければ強いトレンドが発生
  • S(青色の線):サポートライン→下落してきた価格が反発する

例えば下の画像を見てください。赤色の直線に達したレートが反落しているのがわかると思います。

ピボットのレジスタンスライン

また次の画像ではピボットラインを通った後にレンジ相場を抜けたレートが強い下降トレンドに入っています。レンジ相場ブレイクの目印になっているというわけですね。

ピボットライン

つまりR(赤色)やS(青色)の線は逆張りエントリーの目安Pivot(緑線)はトレンドフォローの銃張りエントリーの目安です。

注意すべきは「1時間足と4時間足」にしか対応していないということ。他の時間足のチャートだとインジケーターが表示されません。

ピボットのダウンロードはこちらから

③GMMA~トレンド相場かレンジ相場かを判断できる

移動平均線は過去の一定期間の終値の平均をつないだ曲線のこと。2,3本くらいの移動平均線ならすでにチャート上に表示させて取引している方も多いでしょう。

その移動平均線を一気に12本表示させようというのがGMMAです。短期のGMMAと長期のGMMAを同時に使うことで6本ずつ合計12本の移動平均線を表示でき、相場分析に威力を発揮します。

まずはチャート画面から。

GMMAチャート画面

赤色は長期の移動平均線、青色は短期の移動平均線です。

GMMAを表示させる場合は次の2つの点に注目してください。

  • 同じ色の線の太さとねじれ→トレンドの勢い
  • 違う色の線がクロス→トレンドの転換

まず同じ色の線が太く広がっているほど順調にトレンド勢いづいている証拠です。逆にトレンドの勢いが弱まると線が集まってねじれるようになります。

GMMAの線の太さ

トレンドが弱まって線がねじれると、次に起こるのは青線と赤線のクロスです。

青線(短期移動平均線)と赤線(長期移動平均線)が交わると、トレンドの転換が多くみられます。「上昇→下落」「下落→上昇」の合図になっているというわけですね。

GMMAの平均移動戦の交わり

特に「ねじれからのクロス」になっている場合はほぼ確実にトレンドが転換したと考えていいでしょう。

また視点を少し変えると、次のチャート画面のように青線と赤線が何度も交わるような時はレンジ相場が発生していることになります。

GMMAから見るレンジ相場

デイトレするにもスキャルピングするにも「今がトレンドかレンジか」を把握しておくのは大切なことですよね。トレンドにそぐうようにエントリー・決済することで取引の勝率を上げることができます。

GMMAを見れば簡単に相場状況を確認することできるので、是非とも利用していただきたいインジケーターです。

GMMA(長期)のダウンロードはこちらから

GMMA(短期)のダウンロードはこちらから

④BBマックディー (BB MACD)~うまくトレンドに乗るためのヒントをくれる

BBマックディーはMT4に標準搭載されている「ボリンジャーバンド(BB)」と「マックディー(MACD)」を組み合わせたもの。

2つのうちどちらかのインジケーターを使っている方は、ぜひとも乗り換えてほしいインジケーターです。

まずはチャート画面を見てみましょう。ちなみにボリンジャーバンドは「±1σ」だけが表示されています。

BB MACDのチャート画面

ご存じの方も多いと思いますが、ここで2つのインジケーターについて簡単におさらいしておきましょう。

 icon-hand-o-right ボリンジャーバンド(BB)

ボリンジャーバンドの幅の動き沿ってチャートが動いていれば「何かしらのトレンド」が発生していることが予測できる。

 icon-hand-o-right マックディー(MACD)

マックディーが「0」以上の時上昇トレンド、「0」以下の時下降トレンドが発生していると予測できる。

つまりBBマックディーは「ボリンジャーバンドで捉えたトレンドが何かというのをマックディーで明らかにしていこう」というものです。

例えば下のチャート画像を見てみてください。

BB MACDの見方

まずボリンジャーバンドの幅とチャートが同じように動いているので「何かしら」のトレンドが発生していることがわかります。チャートを見ると上昇トレンドのように思えますが、この時点ではまだよくわかりません。

そんな中マックディーの値が「0」を超えて大きく増え始めました。次の時間足を見てみると、レートが大きく上昇しています。

このケースではマックディーの動きが大きなレート上昇の目安になっていると考えられますね。

ボリンジャーバンドにマックディーを組み合わせることで、より敏感にトレンドをとらえることができるようになります。

BB MACDのダウンロードはこちらから

あったら嬉しい!取引補助の無料インジケーター厳選2つ

最後に管理人が日ごろ愛用していて「これがあったら助かる!」というインジケーターを2つほど紹介しておきます。

上で紹介した5つのインジケーターのように取引への応用力だ高いものではありませんが、「これがあったら助かる!」と思ってもらえるのではないでしょうか。

①リメイニングタイム(RemainingTime)~次の時間足発生までのカウントダウン

リメイニングタイムのチャート画面

「時間足が表示されてからどれくらいの時間がたった?」「次の時間足が出てくるまであとどれくらい?」

このように時間足が出てくるタイミングがわからず不便に感じたことはありませんか?

リメインニングタイムを使えば「あとどのくらいで次の時間足が出てくるか」を常に把握できます。

特にFX取引が有利になるわけではありませんが、表示させておいても場所をとらないので他のインジケーターと同時に起動させておくといいでしょう。

リメイニングタイムのダウンロードはこちらから

②シンブレイクタイムアラート(Chin Breakout Alert)~高値と安値を外れたらアラームが鳴る

シンブレーキングポイントのチャート画面

シンブレイクアラートを追加しておけば、エントリーポイントを逃したくない方でも長い間チャートの前に張り付いておく必要がありません

好きに高値と安値の幅を設定しておくことで、ローソク足がラインをぬけたときにアラーム音で知らせてくれます。

高値や安値はダブルクリックとドラッグで簡単に動かすことができるので、機能面も問題ないでしょう。

上で紹介したTDシーケンシャルやピボットなど、エントリー・決済ポイントの目安になるインジケーターと一緒に使うのがオススメです。

シンブレイクタイムアラートのダウンロードはこちらから

MT4の無料インジケーター追加方法・入れ方

新しく無料のインジケーターを追加するためには、インジケーターのファイルをダウンロードしてMT4の中に取り込む必要があります。

ここでは上でピックアップした「TDシーケンシャル」を例にとって、新たなインジケーターの追加方法を解説していきます。

慣れれば1分もかからないうちにササっと追加できるようになるでしょう。

手順①【Google Chrome推奨】インジケーターをダウンロードする

まずはインジケータをダウンロード。当サイトからは上の「○○をダウンロードはこちら」をクリックすればすぐにダウンロードできる仕様になっています。

ダウンロードするブラウザはGoogle Chromeがオススメです。

Google Chromeなら「ダウンロードができたかどうか」が簡単に確認できます。

インジケーターのダウンロード確認

ディスプレイの左下が上の画像のようになればダウンロード完了です。

手順②インジケーターをMT4の「indicaters」のファイルに移動させる

インジケーターの取り込み先はMT4内の「indicaters」というファイルです。

まず画面右上の「ファイル」の中の「データフォルダを開く」をクリックします。

インジケーターのファイル移動①

下の画像のようなウィンドウが開いたら「MQL4」をダブルクリックしてください。デフォルトで搭載されているインジケーターがずらっと出てきます。

インジケーターのファイル移動②

このウィンドウの上にダウンロードしたファイルをドラッグで引っ張ってくればOKです。

インジケーターのファイル移動③

手順③チャートに反映されるか確認

最後にちゃんとインジケーターが追加されているか、チャート上に表示されるかを確認しましょう。

追加されていれば「ナビゲータウィンドウ」の「インジケーター」の下のほうに出てきます。追加されていない場合は、1回再起動してみるといいでしょう。

追加インジケーターの場所

これをクリックしてチャートの上にドラッグでもっていけばインジケーターが反映されます。

追加インジケーターの確認

無料インジケーターを駆使してワンランク上の海外FXトレードを!

無料で追加できるカスタムインジケーターを使うことで、よりチャートをテクニカルに分析して取引に活かせるということがわかっていただけたのではないでしょうか。

インジケーターなしで取引するよりもエントリー・決済ポイントを見極めることができ、MT4標準搭載のインジケーターよりもチャート分析の精度があがります。

また単純にインジケーターが示すパターンに応じて取引するだけなので、FX取引経験が浅いからでも簡単に使いこなすことができるでしょう。

ダウンロードやMT4への追加も簡単にできるので、インジケーターを準備するのに手間もかかりません。

ここで紹介した高性能の無料インジケーターを駆使して、今よりもワンランク上の海外FX取引を体感しましょう。

     

当サイト管理人オススメ海外FX業者はここ

⇒TitanFX
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円 スプレッド 追証
titanfx_logo 500倍 0.3pips~ なし (0カット)
  当サイト管理人がメインで使っている海外FX口座。最大レバレッジ500倍×最狭スプレッドでスキャルピング◎! 高約定力で追証なし、MT4対応!初心者~上級トレーダーにオススメできます。
TitanFXの口座開設はこちらから
TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法【画像付き】はこちら