海外FXの追証なしハイレバで窓開けを狙って稼ぐ方法

madoake-ic

海外FXの大きなメリットである、『追証なし』と『ハイレバレッジ

今回はこの2つのメリットを存分に生かした海外FX独自のトレード手法についてご紹介します。

 追証なし・・・投資金以上の損失がでない海外FX独自のゼロカット制度のこと。投資家の資金保護サービス。
参考:海外FXの追証なし・0カットシステムは神のサービス

 週明けに大きく窓を開けると予測される際にポジションを取る!窓開け狙いトレード

この『窓開け狙いトレード』が海外FXのメリットである『追証なし』と『ハイレバ』をかけ合わせた一番費用対効果が高いトレード手法です。

そもそも窓開けとは?

窓開け(ギャップ)とは金曜日の終値と、月曜日の始値が乖離することです。

madoake

白く囲んだところが窓と呼ばれます。

窓開けが起こる原因

土曜日の朝~月曜日の朝は日本や海外各国のほとんどのFX会社での取引が停止していますが、中東では土日も為替取引が行われています。

そこで大規模な売買があったり、土日の間に為替に影響を受ける材料が出た際(アメリカ大統領選挙や、最近ではギリシャの国民投票など)に窓開けは発生します。

 海外FXの『ハイレバ・追証なし』の2つのメリットをつかって、窓開けを狙う!

前置きが少し長くなりましたが、今回は上記で説明した『窓開け』を狙った海外FXならではのトレード手法をご紹介したいと思います。

窓開けを狙ったトレード

窓開けを狙ったトレードは前提として、『土日に大きな為替に影響する大きな材料があり、大きく窓が開くことが予測できる』相場でなければいけません。この土日に大きく動くことを予測することができるイベントは年に数回しかありませんのでチャンスを逃さず、しっかりと世界動向をチェックしておきましょう。

※ここでいう、『大きく窓が開くこと』とは、1円~数円の幅の意味です。

窓開け狙いトレードの概要

2つの海外FX口座で、ほぼ同時期に売りと買いのポジションを別々で建ててリスクヘッジをしつつ稼ぐ戦略です。

流れとしては、

  1. 海外FX口座を2つ開設
  2. 金曜日のクローズ間近でそれぞれの口座でハイレバポジションを取る
  3. 週明け、片方はゼロカット片方で利益を出す

という流れになります。

この流れだけ説明してもわかり辛いと思いますので、具体的に例を出して解説します。

窓開けケーススタディ ギリシャの国民選挙

gi

ちょうど2015年7月5日(日曜日)にギリシャの国民選挙があり、窓開けが起こりそうな相場でした。特にユーロ円が大きく動くのでは?と予測されていました。

ですので今回は『7月3日(金曜日)~7月6日(月曜日)までの窓開け狙い』を

  • ユーロ円狙い
  • 投資金20万円
  • リターンは5~10万円を目標

として、海外FX窓開け手法にチャレンジすると仮定してみます。

1.追証がなく、ハイレバレッジの海外FX口座を2つ用意

まずは海外FX口座を2つ用意します。

海外FX口座のポイントとしては

  • 追証がないこと
  • ハイレバレッジ

この2つの条件を満たしていればどこの海外FX業者でもいいです。

スキャルピングトレードではありませんのでスプレッドはそれほど重要視しなくてOK。XMのように、入金ボーナスが付いている海外FX業者だと証拠金が増えるのでなお良しです。

今回は『LANDFX』と『XM』を利用します。

各海外FX口座に10万円ずつ、入金しておきます。

2.金曜日のクローズ時間間際でハイレバポジション両建てをもつ

金曜日のクローズ時間間際でそれぞれの口座で売り買いのポジションを持ちます。

eur_jpy_madoake

ノイズでポジションがロスカットされる可能性を加味して、レバレッジは50倍~200倍ほどでポジションを取っておきましょう。

ここでは、10万通貨ずつポジションをとってみます。(証拠金が10万円なので、レバレッジ120倍ほど)

LAND-FX・・・136.30 10万通貨買い

XM・・・136.30 10万通貨売り

3.月曜日のオープンで決済手続きをする

7月5日のギリシャ国民選挙では、欧州連合(EU)が求める財政緊縮策への反対票が賛成票を大きく上回りました。

これを受けてユーロ円は150pips以上の窓開けで相場はスタートしました。

eur_jpy_madoake2

海外FX会社で取引開始できる朝の7時に即利益確定をしたとすると、

  • LAND-FX・・・136.30→134.80 -15万円で、口座残高は0円⇒ゼロカット
  • XM・・・136.30→134.80 +15万円で、口座残高は25万円

LAND-FXはポジションから150pips逆行したため

10万通貨×-150pips=-15万円の損失

で口座残高は-5万円のはずですがゼロカット制度があるため、口座残高は0円になります。

XMは150pipsの利幅を確定させたので、

10万通貨×150pips=15万円の利益

で、口座残高は25万円となります。

つまり今回のギリシャ国民選挙ではこの窓開けトレードでは、投資額20万円回収25万円となり、5万円のプラスとなりました。

今回の窓開けのパターンによっての勝敗

オープンとクローズの値の差 利益
50pips +-ゼロ
100pips +-ゼロ
150pips +5万円
200pips +10万円
300pips +20万円
500pips +40万円

と上記の図のようになります。

窓開けが100pips以下だと、LAND-FX,XMのポジション両方とも残っている状態なので、市場がオープンした状態で両方のポジションを決済すると+-ゼロになります。(正確にはスプレッド分はマイナスです。)

窓開けが101pips以上だとどちらかのポジションがゼロカットされており、どちらかのポジションが残っている状態なので、利益が開いた窓分残ります。

つまり窓が開けば開くほど利幅が大きくなるのがこの窓開けトレードです。

このように、海外FXはゼロカット制度があるおかげでリスクが限定されたトレードを行うことができます。確実に窓が開くだろうと予測できる相場はそうそう訪れませんがもしそのような機会があれば、試してみるといいでしょう。

     

当サイト管理人オススメ海外FX業者はここ

⇒LANDFX
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円 スプレッド 追証
landfx_logoside 500倍 0.3pips~ なし (0カット)
  当サイト管理人がメインで使っている海外FX口座。最大レバレッジ500倍×最狭スプレッドでスキャルピング◎! 高約定力で追証なし、MT4対応!初心者~上級トレーダーにオススメできます。
LAND-FXの口座開設はこちらから
LAND-FX(ランドFX)の口座開設方法【画像付き】はこちら